2009年06月15日

各地で続く意見書採択


青森市議会にて3月25日本議会において
全会一致にて採択されました意見書に続き
青森市六戸町(6月9日)板柳町(6月10日)
各々国外で作成された歯科医療用補てつ物(入れ歯)等の取り扱いに
関する意見書が採択されました。


さらに岡山県の倉敷市、真庭市、備前市、奈義町、和気町、久米南町の
7議会において国外で作成された歯科医療用補てつ物(入れ歯)等の取り扱いに関する意見書が採択されました。
これにつきましては、昨年平成20年12月に採択されておりました。

青森県、岡山県、両県の保険医協会の先生方にこの場をお借りし
厚く御礼申し上げます。



国外作成歯科補綴物等の安全確保に関する意見書

 歯科用の補綴物等については、通常、歯科医師又は
歯科技工士が関係法令に基づいて作成しているが、
近年は国外で作成された歯科補綴物を輸入し、患者に
提供する事例が散見されている。
 これらの歯科補綴物は、使用されている材料の性状
等が必ずしも明らかでなく、長期間使用することに
よって金属化合物や化学物質などの影響により健康に
被害を及ぼす可能性が危惧される。
 厚生労働省は、平成17年9月に歯科医師に対し、
国外で作成された歯科補綴物等を患者に供する場合は
十分な情報提供を行うよう指示しているが、歯科医師
のみに責任を帰するだけでは不十分と思われる。
 よって、国及び政府においては、国民の健康を守り、
良質な歯科医療の提供を確保するため、国外で作成された
歯科補綴物等の輸入取扱に関する法整備をすすめるなど、
積極的に取り組むよう要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を
提出します。

平成20年12月17日

             岡山県勝田郡奈義町議会

≪提出先≫
衆議院議長    河 野 洋 平 殿
参議院議長    江 田 五 月 殿
内閣総理大臣   麻 生 太 郎 殿
総務大臣     鳩 山 邦 夫 殿
財務大臣     中 川 昭 一 殿
厚生労働大臣   桝 添 要 一 殿




↓現在まで各地で採択された意見書 pdfファイル
21-6-ikensho.pdf
posted by 管理人 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 行政関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。