2009年06月27日

続く意見書採択 

青森県で意見書採択の市町村がさらに増えております。

6月17日  八戸市、平川市、中泊町の市議会及び
町議会において国外作成歯科補綴物等の安全確保に関する意見書が
採択されました。




posted by 管理人 at 09:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 行政関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
管理人さんへ
→私は元歯科技工士でしたので今回の裁判は気になりました。同級生のほぼ90%は離職し私も数年前に技工業界を離職いたしました。

今回の裁判が棄却?和解?去れる事により海外委託問題に終止符を打たれることになるのでしょう。今後は海外に歯科技工物が自由に海外に流れる事も時間の問題と考えます。

それより歯科技工士を目指されて勉強されている学生さんなどは歯科技工士の地位も名誉も一切ない業界に飛び込むことになるので現実的に後戻りはできないでしょう。生活もできない無駄なお金を学校につぎ込むことになります。

私も海外委託問題の代表者のwさんや某ブログのsさんに相談いたしました。残念ながら、良い答えが出なかったのも現実でした。

生活ができない国家資格なんて国家資格ではないような気がします。
今回の裁判で歯科技工士の地位すら不透明でしたし確認もできない。

残念な国家資格ですね。
学会も理解できない学会です。
常識すら知らない歯科技工士さんも多いです。

私も歯科技工士の資格を取得し十数年も従事していたのが無駄でした。
Posted by 元歯科技工士 at 2009年06月28日 03:08
元歯科技工士様。

管理人個人としてお答えさせて頂きます。

>常識すら知らない歯科技工士さんも多いです。

私を含め、この言葉がすべてなのだと思います。
それで食べていけた、歯科の世界だけをみていれば食べていけた、そんな時代は当の昔に終わっているのにも関わらず、ただ目の前の仕事のみに囚われ生きてきたツケが今であり、そして明日であります。

なにも歯科技工士に限ったことでは無く、歯科業界すべてが社会常識から逸脱した感覚でヨシにしてきたのも事実であると思います。

ただ、これだけは言わせて頂きたい。
「無駄」という言葉を使う事は私にはよくわかりません。
貴殿が費やした10年で学んだ事があったと思います。
それは「無駄」とは言いません

すでにこの業界を去られた方からのコメントありがたく頂戴いたしました。


管理人
Posted by 管理人 at 2009年06月28日 10:09
管理人さんへ
→コメントありがとうございます。
『無駄』の言葉は微妙なんです。
本音を言えば使いたくなかったんですが、
歯科技工士免許と言うのは、歯科技工士しかできない免許ですよね?これが残念でした。
歯科技工士を離職すれば逃げれない免許なんですよね?歯科技工士を生かしてと言う転職なんてありませんし、残念な免許です。

技工士として十数年従事してきて、離職も散々悩み、精神的に追い詰められて、後悔も大きくなり、どうしようもなく離職を決意しました。
でも技工の仕事は大好きでした。

大好きでも生活ができなければ、仕事とは言いません。今回の海外委託問題が私の中でのある意味ケジメとしていましたので、ほぼ心の中を整理できたらと思います。

歯科技工士の同級生はほぼ99%離職しました。
辞めたくて離職した人間ばかりでは無いと言うことを国に伝えたかったですね。

海外委託のトップのw本さんを初め、80人の有志の皆さんの仲間入りができればよかったと思います。それも残念です。

失礼します。。。






Posted by 元歯科技工士 at 2009年06月28日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122330063

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。