2010年07月23日

齋須照久連盟会長より

栃木県にて意見書が採択され、その採択にご尽力された
元栃木県技会長であり、現栃木県技連盟会長の斎須氏と脇本の
やりとりの一部をご紹介させて頂きます。



脇本代表  様

昨日御崎広報より過分なお褒めを頂き今日は代表からお褒めを頂き
 我々栃木県の技工士が我々業界のこれからの為に当たり前に
動いた事なのに、恐縮しております、
脇本代表をはじめ国民運動推進本部のスタッフの皆様の常日頃の
ご努力からしたら何の苦労にも感じるものでは有りません、
もっと早く議決いただいて何がしかの力に成れればと思いましたが
6月の議会と成ってしまいました、
決議いただいた結果を見ると意見書の決議を頂く事は内容にも
因るのでしょうがそんなに自分たちの思っていたほど大変な事では
無いのかとの思いがしました、
今後自分たち業界と共に県民の歯科医療を守る為にも自分たちで
出来る事は少しずつでも良くなる様に進んで行きたいと思います
どうぞ今後とも指導宜しくお願いいたします。

暑い日が続きますが御身お大切にお過ごし下さい

                    栃木県  斎須




 訴訟提起当初より、率先してこの運動の関東ブロックでの原動力
として、また 県技の意識啓蒙は勿論のこと、対外的にも積極的な
行動を継続された結果が、この県議における 「意見書採択」という
成果につながったものと確信致します。

 押しつけられる形式的な組織運営負担のかたわら、真に会員の
歯科技工士としての存在意義、歯科技工士としての社会的使命、
行政の歪曲した法解釈に伴う行政行為に対する抗議行動の継続は、
栃木県に在住の全歯科技工士に理解が得られ、私たちの運動が
評価された結果と感謝致します。

 ここに、齋須会長を初めとする栃木県技会員、非会員を問わず
全歯科技工士の権利主張と義務履行の熱情あふれる行動に対して
満腔の敬意と深甚なる感謝の誠を捧げます。

 歯科技工士制度の維持・充実・発展のために、より一層のご支援
ご協力を心からお願い申し上げます。

  歯科医療を守る国民運動推進本部  代表  脇本征男



posted by 管理人 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆様へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157193858

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。