2008年05月13日

原告団の皆様へ

                      平成20年5月12日
原告各位

             訴訟訟起こして歯科技工士を守る会
             歯科技工の海外委託問題訴訟原告団

                    代表  脇 本 征 男  

意 見 要 請
陽春の候、各位には変わらずご健勝にてお過ごしの事とお喜び申し上げます。
さて、ご周知の通り公判も5回目の口頭弁論が終わり、次回第6回公判で結審することに決まりした。判決は9月頃の予定です。
 
川上弁護士を中心とする弁護団と訴訟本部は、次回提出の「準備書面」並びに多角的効率的な「意見書」の作成に集中している所であります。

内容的には、前回、国の「準備書面」であからさまに打ち出された、歯科技工士法第2条1項「ただし書き」部分の歪曲解釈、それは法の「定義」を軽視し、法を侮辱したものであり論外であると断じ、徹底抗戦の構えであります。

いかに歯科医師に裁量権が有るとは申せ、「歯科医師自らの行為」を、「無資格者に手足として」行わせること等、万人が否定するところであります。

この際、原告各位におかれましてもご意見が多々お有りと推察致します。
世話役を通されるか、直接事務所宛てでも結構ですので「ご意見」をお寄せください。
ご参考までに、 
1、原告として思うこと 
2、国の考えを聞いて。
3、ご自分の被害について 
4、患者として 
5、私ならこのように主張する
6、今後の歯科技工士について等、その他、お感じになられたそのままをご意見としてお願いいたします。

尚、匿名でも結構です。6月13日(金)が裁判所に書類提出期限ですので、 期限厳守で6月10日(火)まで事務所に必着するようお願い致します。

次回第6回公判は6月20日(金)午前10時30分 東京地裁606号法廷です。一度原告としてご自分の目でお確かめください。必ずやあなたの人生観が少しは変わること間違いありません。
お待ち致しております。

                                以上

連絡事務所 157−0073 東京都世田谷区砧3−18−2
            電話・Fax 03−3868−0170
            Eメール wakimoto@bc.iij4u.or.jp
posted by 管理人 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 原告団連絡事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。